40代未経験からのIT転職!転職攻略方法を公開!

IT転職 おすすめ情報
転職

IT業界は、年齢がいくと、未経験の転職がかなり難しくなります。


何を隠そう、私も30後半で、未経験のIT転職活動をした経験があるので、何よりも肌で感じております。

しかも、面接で言われるのが、コロナのこの時期は、余計に未経験や初心者向けの案件が少ないということ。

関係ないと思われるIT業界ですが、
面接の時には、「今の時期任せられる案件が少ないんだよね」みたいな感じで言われてしまう事が多々ありました。

一応、独学で勉強してきて、サイト等は作れるようにはなったが、本職の人たちからすれば、そんなのは何にも使えない素人に他ならないのだ。

そんな、厳しい中高年の未経験でのIT転職を攻略出来るように、

実体験を元に攻略ポイントを解説していきます。

IT面接で重要視されるポイント

  • 年齢
  • スキル
  • 実務経験

です。

未経験でも、20代前半だと結構雇ってもらえるケースが多い。

30後半、40代になって未経験。

書類選考で、まず落とされてしまう。

攻略するには、

実務経験を積む、成果物を量産、数を打つ

実務経験

これは、その業界で働かないとつかないものなので、
まずは、働く事。
雇ってもらえないなら働けないじゃんと思うかもしれませんが、
「IT実務経験」というのは、
なにもweb制作経験や、エンジニア経験だけではないのです。

PCデータ入力、PC事務でも実務経験として数えても良いということ。

これは、面接の時にも聞いたので間違いない。

そこの企業によって、それを実務として提出しても、
認めてもらえない可能性もあるが、
無いよりも、明らかに優位にはなる。

成果物を量産する。

独学や教室で学んで、
それを成果物として、アウトプットしていこう!

ドンドン作品を作り、作品を作っていくと、
クォリティーも高くなっていくはずなので、
クォリティーの高いものを面接で提出し、企業の方が気に入ってくれたら、採用の確立も上がるはず。

目につくIT職にドンドン応募していく。

やはり、数打ちゃ当たるではないが、
大量に応募することで、40代未経験でも雇って貰えるところが、どこかしらは出てくる可能性がある。

落ちて当然の精神で、次々と応募していこう!

IT業界への転職ですが、
年齢なんて関係ない!なんて、全然言えません。

しかし、夢をあきらめずに自分で勉強したり、
アウトプットして、スキルを高めて、企業の募集情報を逐一確認しておきましょう!

そうすれば、転職する事は、不可能ではありません。
転職して、数年頑張ることが出来れば、
年収400万以上は、収入を得ることが出来ます。

とはいえ、IT業界は人手不足の状態が加速しています。

企業も必要な戦力になる人材を欲している現状がこちらに記載しています。







タイトルとURLをコピーしました