IT人材の求人、需要が激増!IT業界の現状と必要とされるスキルについて

IT業界 おすすめ情報
IT業界

今、IT業界は人手が不足し過ぎて、加熱の一途を辿っている。

IT技術者の必要性

IT技術がドンドン進歩していき、色々なものが自動化し、アプリの需要やweb化していく中で、コンピューターのプログラミングやアプリ開発、システム管理の必要性が格段に増えていく。

需要が増えるとともに、企業も増え、必要とするIT人材も増えている。

現状は、企業10社が1人の人材を、奪い合っている状態だ。

IT技術者人材不足の深刻化

経済産業省が調査した結果によると、

IT人材不足は年々深刻化しているようで、
このまま人材を増やすために求人、採用していくだけでは追い付かず、
育成を軸としたIT人材確保に乗り出している。

経済産業省調査結果 引用

プログラミング教育の取り入れ

小学校から「プログラミング」教育を取り入れ、
IT人材不足解消に力を入れている。


企業のIT人材不足の状態は、
80%以上が不足を感じている状態だ。

人材募集もしているが、
なかなか雇用まで至らないのが現状。

内容としては、応募人数が少ない、
求めている人材が少ない、スキル能力に見合った人材がいない等。

しかし、誰でもいいというわけではなく、
ある程度の知識や経験、スキルなどがある即戦力を求めている。

企業も未経験から雇って育てる余裕や時間もない為、
なかなか未経験の人物をすぐに採用というのは難しい面もあるのだ。

橋渡し的な役割の企業

そんなIT人材不足の現状で生まれてきたのが、橋渡し的な役割の企業の存在。

ITに関する一定以上の専門性と、知識、経験を有した人物が、
未熟な技術者、未経験者などを確保、育成し、必要としている企業に、
派遣や紹介といった事をする事業だ。

主な例としては、IT派遣会社

自社でIT研修をし、契約する企業に必要とされるスキルを身に付け、
その企業に派遣として出向させる形で、
企業から報奨金を取得し、そこから差し引いて、派遣社員に配当する。

金額としては、20万~35万。
未経験からでも挑戦できるため、自分のスキルアップの為に挑戦するのも良いかもしれない。

他にも、市区町村で実施しているハローワークでの

職業訓練校

無料でプログラミングや、webの知識を学べるので、
お金に余裕がない人間でも通うことが可能。

スクールなどに通うと30万、40万は軽く掛かってしまうので、
是非、お金に余裕がない人は挑戦してみてほしい。

ただし、職業訓練校でネックになるのは、

職業訓練校で学んだ後は、自分で企業を探し、
面接し、採用されなければならないという点。

スクールなどは、就職まで面倒見てくれるところも多いので、
手間や時間も省ける。

その点を踏まえ、
IT業界で活躍したい、技術を身に付けたいという人は、
自分に合った選択肢でITスキルを学んで挑戦していってほしい。

こちらでも、IT、WEB業界のお仕事情報を発信しています。

タイトルとURLをコピーしました