子育てで悩むママをお助け!子供の教育の考え方や仲良くしていく関係を築こう!

kosodate おすすめ情報
kosodate

子育てで悩むことって、子供のいる親はみんなあると思います。

「どうすれば良いんだろう」って、
結構、インターネットで検索したりしちゃいますよね( ´・ω・)

私も子供がいますし、下に兄弟も4人いるので、
小学生や中学生時代は、幼稚園に連れて行ったりもよくしていました。

今までの経験や調べて、とても納得したこと共感したことを、

子育てに悩むママをお助け出来るよう

記事にまとめてみようと思います!(‘ω’)

子育ての悩みどうすればいいかを解決

ただ、子供によって性格も違いますし、親の考え方も違います。
今回は、悩むママの参考になればと思いブログに記載していこうと思います。

  • 口に出して「大好きだよ」「ありがとう」「えらいね」「頑張ったね」と子供に伝える。

やはり言葉の力はとても強いと感じます。
口に出して言わなければ伝わらない事もあるし、なんとなく分かっていても言葉でいうことで子供にもしっかりと伝える事が出来ます。

  • 家のお手伝いを習慣化させる。

家では、子供が3歳くらいから「家のお手伝い」を毎日1つはさせるようにしています。

これは、大きくなっても家の手伝いをするという事が当たり前になってほしいのと、自分のやるべきことをしっかりやる気持ちを持てるようになってほしいからです。

掃除、洗濯、食器洗いなど親がするのが当たり前じゃなく、皆で使っている物なんだから、役割分担ではないですが、少しでも自分のものや家族のものをやらなきゃという意識を持ってほしいと思っています。

  • 一日一回は子供の幼稚園や学校であったことを聞く。

小さい頃から親がいないところで「何をしたか」、「何があったか」を聞くことで、
子供が自分から自分の事を話すようになったり、親が子供の事を気にしていることを分かってもらえると思っているから、これは徹底しています。

  • 挨拶はしっかりさせる。

やはり挨拶はとても大切なことです。
しっかりと「おはよう」「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」などの挨拶は、子供にさせるようにしています。
うちの子供は、恥ずかしがりやなので、これが結構大変でした。

親がお手本を見せて、お友達や他の大人の人がしっかりと挨拶しているのを見せて、「ほらみんなしっかりと挨拶しているよ」と教えてあげる。毎日しっかり挨拶出来るように補助してあげる事で、少しづつ自分から挨拶出来るようになってきました。

  • 親の考え方ばかりを押し付けない

親が100%正しいわけじゃない。感情的にならず、子供の立場に立って、子供の言い分も聞いて、客観的にみてみましょう。駄々をこねてるだけかもしれませんが、ちゃんと自分の意見を親に言える子供ってえらいと思いませんか?

  • 自分が出したものの片づけをさせる

おもちゃや勉強道具など、子供が出したものは親が片付けず、自分で片付けさせる。自分がやったものは最後まで自分の責任を取ることを、小さい頃から習慣づける事はとても大事だと思います。

  • 他の人と区別しない

兄弟や友達と区別しない。人それぞれ性格や考え方が違います。
子供を区別せずに子供の頑張りや、やる気、性格など考え子供の為を一番にした対応していくことは大事だと思います。

  • 抱きしめてあげる

子供を抱きしめてあげましょう!言葉だけではなく、体のぬくもりもとっても大事です。愛情を感じさせてあげてください。愛情を感じて育ってくれたら、子供も愛情のある子供にきっとなってくれると思いますよ!(^_^)

今回は、子育てに悩むママやパパに、自分の考えも織り交ぜつつ、子供の為、家族が良くなっていってほしい願いを込めて書きました!

少しでも参考になってくれたら幸いです。

子供と一緒にクリスマスを楽しむための、楽しくてきれいなおすすめアイテムをこちらでおすすめしています♪(*’▽’)ノ

タイトルとURLをコピーしました